SOAP

ソープに訪れる客層とその特徴

ソープとは女の子がマットを用いてマッサージを行ってくれたり、恋人同士のようなプレイを楽しめる場所です。そんなソープ店に訪れる人の特徴とはどんな人が多いのでしょうか。年代は30代、40代の人が多くルールを理解した紳士なお客さんが多数です。立派な役職についた男性もおり、どちらかというと日々の生活にストレスが溜まりがちな特徴が見受けられます。
中には既婚者の方もいて、奥さんに内緒で遊ぶ事もあります。風俗未経験の方はどちらかというと少なく、様々な店舗を見て来たお客さんばかりです。丁寧に奉仕を行ってくれる女の子を好み、情にも熱いので好みの女性が出来たら何度か通います。デリヘルと比べてもソープ店はやや高めの値段設計です。利用料金が高いということは、比例して客層も良い人ばかりです。
また中には無神経なお客さんも稀にいますが、あまりに酷い場合出入り禁止のレッテルを貼られます。そのお客さんはもう二度と同じお店で遊ぶことはできないので、女の子側も安心して働けます。一人でソープ店に来るのが何処と無く不安だと感じるお客さんは知人を付き添わせて訪れる事もあります。慣れたら一人で来るなど、まずは様子見で来ているパターンが多いです。

TOP